FX用語辞典

相対取引(あいたいとりひき)

取引所を通さずに売買をする者同士で直接取引をすること。反対にくりっく365のように取引所で取引されるものを「取引所FX」という(=OTC:Over The Counter)

アゲインスト(against)

保有しているポジションを市場レートで評価した場合に損失が出ている状態⇔(フェイバー(favor)

Ask(あすく)

プライスを提示する売り手側(当社)の売り気配値のこと。提示された側(お客様)が買う値段(⇔Bid) (=Offer)

アベレージ・コスト(Average Cost)

同一通貨を複数保有している場合のポジション平均値

アマウント(Amount)

外国為替取引の取引量(金額)

トップへ

インカムゲイン(income gain)

保有している金融商品の配当や利息から利益を得ることFX取引ではスワップポイントがこれにあたる (⇔キャピタルゲイン)

インターバンク市場

銀行間取引市場とも呼ばれ、銀行を中心に限定された金融機関のみが取引に参加できる市場のこと。
インターバンク市場で取引される相場のことをインターバンクレートという

トップへ

エキゾチック通貨(exotic currency)

米ドル、ユーロ、円などメジャー通貨を含まないマイナーな通貨のこと

エントリー(entry)

新規売買注文を入れること

トップへ

OTC(Over The Counter)

取引所を通さずに売買をする者同士で直接取引をすること。反対にくりっく365のように取引所で取引されるものを「取引所FX」という(=相対取引、店頭取引)

オーバーナイト取引

同一取引日の内にポジションを決済せず、翌日以降に持ち越す取引のこと(⇔日計り、デイトレード)

押し目(おしめ)

上昇相場にあったものが一時的に下落することその下落した場面で買うことを「押し目買い」という

オファー(Offer)

プライスを提示する売り手側(当社)の売り気配値のこと
提示された側(お客様)が買う値段(⇔Bid) (=Ask)

オプション取引 (Option)

ある金融商品を、ある期日までにあらかじめ決めた価格で売買する権利のこと
その権利の売買をオプション取引という

終値(おわりね)

市場で一番最後に取引された値段(=クローズ値)

トップへ

外国為替市場(がいこくかわせしじょう)

通貨の取引がされている市場だが取引所がある訳ではない 銀行間の通貨取引のこと
(=インターバンク市場)

買戻し(かいもどし)

すでに売っているポジションを決済すること

カウンターパーティ

取引相手のこと外国為替市場では主に銀行を指す

介入

為替介入のこと
日本の日銀などの中央銀行が為替レートの安定のために通貨の売買をすること

カバー取引

FX会社が為替レートの変動によるリスクを避けるため、お客様のポジションの一部または全部を、カバー先の銀行や金融機関で反対売買すること

トップへ

キウィ/ドル(円)

ニュージーランドドル/米ドル(円)のこと

基軸通貨(きじくつうか)(Key Currency)

外国為替市場で基本となる通貨現在は米ドルが基軸通貨となっている

ギブン(given)

インターバンク市場用語売り手が売買を成立させること
(=ユアーズ)(⇔マイン)

逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)(Stop order)

注文を出す時点のレートより低い売りレート、高い買いレートを指定して出す注文

逆張り(ぎゃくばり)

相場のトレンドに逆らって売買を行う取引方法 (レートが上昇しているときに売り、レートが下降しているときに買う) (⇔順張り)

ギャップ(gap)

チャート上のローソク足などで連続する二つの足の間に空間が開いた状態を言う。(=窓)

キャピタルゲイン(capital gain)

保有している金融商品の値上がりによって利益を得ること
FX取引では為替差益がこれにあたる (⇔インカムゲイン)(⇔キャピタルロス)

キャピタルロス(capital loss)

保有している金融商品の値下がりによって損失が出ること
          FX取引では為替差損がこれにあたる (⇔インカムゲイン)(⇔キャピタルロス)

トップへ

クォート(quote)

銀行が取引相手に提示する価格レートのこと
売値と買値をの両方を同時に出すことをツーウェイクォートという

クロス取引(Cross Trede)

米ドルを含まない為替取引のこと

トップへ

ケーブル(Cable)

英国通貨であるポンドの呼称(=スターリング)

決済注文(けっさいちゅうもん)

保有しているポジションを、反対売買により解消する注文 (=仕切り注文)

トップへ

ゴールデンクロス

テクニカル分析において2本の移動平均線の内、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上へ抜けること(⇔デッドクロス)

トップへ

差金決済(さきんけっさい)

現物の受渡しを伴わない売買差金のみを授受する決済方法

指値注文(さしねちゅうもん)

売買の値段を指定して発注する注文方法
買い注文では現在値より低いレートで、売り注文では現在値より高いレートを指定して出す注文

トップへ

主要通貨(major curency)

為替市場で頻繁に売買される通貨のこと
主に米ドル、ユーロ、円のことで、英ポンド、スイスフラン、更にはオーストラリアドル、ニュージーランドドルを含めることもある (=メジャー通貨)(⇔マイナー通貨) 

順張り(じゅんばり)

相場のトレンドに沿って売買を行う取引方法 (レートが上昇しているときに買い、レートが下降しているときに売る)(⇔逆張り)

ショート(short)

売りポジションを保有している状態のこと
そのポジションを決済することをショートカバーと言う (⇔ロング)

トップへ

スクエア(square)

ポジションを保有していない状態、またはロングの保有数とショートの保有数が均衡した状態。

スポット(spot)

直物為替レートのこと
現時点での為替レートで取引することを直物取引といい、原則として売買成立の2営業日後に受け渡しを行う FX取引はスポットだが差金決済方式のため通常受け渡しは行われていない

スワップ(swap)

取引した通貨ペアの金利差
通常、高金利通貨を買い低金利通貨を売るとスワップポイントを受取り、逆だと支払う

トップへ

損切り(そんぎり)

含み損が出ているポジションを決済し、損失を確定させること (=ロスカット)

トップへ

ダン(done)

取引が成立すること

トップへ

チョイス(choice)

ビッドとアスクの価格レートが同じになること

トップへ

デイオーダー(day order)

指値などの有効期限を当日のみとする注文
通常ニューヨーククローズまでとなる

ティック(tick)

最小単位の値動きのこと
その動きを表したものをティックチャートという

デイトレード(day trade)

その日に建てたポジションを翌日まで持ち越さず当日中に決済すること
(=日計り)(⇔オーバーナイト取引)

手仕舞い(てじまい)

すでに持っているポジションを決済すること(=仕切り)

トップへ

ドルペッグ

自国の通貨を米ドルに連動させる固定為替制度のこと

トップへ

仲値(なかね)

通常、毎日午前10時のインターバンクレート(中心値)を基準に作られる対顧客向けの為替レートのこと

投売り(なげうり)

ロングポジションを損実覚悟で決済すること(=投げる) (⇔踏み上げ、踏む)

難平(なんぴん)

含み損が出ている同一ポジションの量を増すことで平均コストを下げる方法

トップへ

ニューヨーククローズ(New York close)

ニューヨーク市場の終了時のこと
外国為替市場では1日の終わりとされている
日本時間の7:00AM(冬時間)、6:00AM(夏時間)

トップへ

値洗い(ねあらい)

すでに持っているポジションのその時点での評価額

トップへ

ビッド(Bid)

プライスを提示する売り手側(当社)の買い気配値のこと。提示された側(お客様)が売る値段(⇔Ask)

日計り(ひばかり)

その日に建てたポジションを翌日まで持ち越さず当日中に決済すること
(=デイトレード)(⇔オーバーナイト取引)

トップへ

フェイバー(favor)

保有しているポジションを市場レートで評価した場合に利益が出ている状態⇔(アゲインスト(against)

踏み上げ(ふみあげ)

すでに持っている売りポジション損切り覚悟で決済すること (=踏む)(⇔投げ売り、投げる)

トップへ

ポジション(position)

保有して決済していない通貨量のこと(=建玉)

トップへ

マージンコール(Margin call)

損失が一定の水準を下回りそうな場合にその状況を通知すること

マイナーカレンシー(minor currency)

為替市場で売買量の少ない通貨のこと
メジャーカレンシーとの対比で使われる(⇔メジャーカレンシー)

マイン(Mine)

インターバンク市場用語
買い手が売買を成立させること(⇔ギブン(given)

窓(まど)

チャート上のローソク足などで連続する二つの足の間に空間が開いた状態を言う。(=ギャップ)

トップへ

メジャーカレンシー(major curency)

為替市場で頻繁に売買される通貨のこと
主に米ドル、ユーロ、円のことで、英ポンド、スイスフラン、更にはオーストラリアドル、ニュージーランドドルを含めることもある (=主要通貨)(⇔マイナー通貨) 

トップへ

揉みあい(もみあい)

相場において値段が上下小幅な動きを繰り返すこと

トップへ

約定(やくじょう)

売買注文が執行され、取引が成立すること

トップへ

ユアーズ(Yours)

インターバンク市場用語
売り手が売買を成立させること(=ギブン)(⇔マイン)

トップへ

寄付(よりつき)

取引が始まったときに最初についた値段(=始値)

四本値(よんほんね)

「始値」「高値」「安値」「終値」の4つの値  足ともいう

トップへ

リクイディティ(Liquidity)

市場の流動性のことを指す。取引量が多いと「リクイディティが高い」、取引量が少ないと「リクイディティが低い」という

リクイディティプロバイダ(Liquidity Provider)

FX取引において、提示レートの元となる価格を提供する銀行を中心とした金融機関等の価格提供者

流動性リスク(りゅうどうせいりすく)

取引の時間帯や各国の状況、相場変動の影響などで通貨の取引量が少なく、不利なレートで約定したり、取引ができなくなったりすること

トップへ

レンジ相場

一定の変動幅で価格が上下に動くことを繰り返す相場状態のこと

トップへ

ロスカット(loss cut)

含み損が出ているポジションを決済し、損失を確定させること (=損切り)

ロング(long)

買いポジションを所有している状態のこと(⇔ショート)

トップへ